※法改正などの影響受け、内容が変更になる場合があります。

ゆるゆるイラストでわかりやすいお家作りガイドを収録した、
「あとりえの いえづくり がいどぶっく」を作成しました。
ご希望の方には郵送いたします。左記連絡先までお問合せください。

お家ができるまで
お客さまの新しいお家が出来上がるまでの、一般的な流れをご紹介します。
項目
あとりえ のしごと
施工会社のしごと
出会い
気軽にご相談ください。電話、メール、FAXで随時ご相談を受け付けております。  
はじめてのご相談
お家へのご要望やイメージ、ご予算などについておはなしを聞かせてください。

調査企画業務契約(着手契約
着手契約を交わします。※本契約は、建物のプランと工事費用が大まかに確定してからになります。
企画設計打合せ
敷地の環境や都市計画などを調査します。伺ったご要望やイメージをもとにプランをご提案させていただき、お客さまと打合せを重ねます。一緒に すてきなお家を計画しましょう。 必要に応じて工事費用の見積りを出してもらいます。この段階で、工事会社の選定を行います。
設計監理契約(本契約
プラン、金額ともにこれだ!という計画が見えてきたら、お客さまと「建築設計・監理業務委託契約(設計の本契約)」を交わします。

実施設計・確認申請代行

打合せ内容をもとに、設計を詰め、施工用の図面を作成していきます。細かい部分についてお打ち合わせを詰めていきます。ほぼ同時進行で、建築確認申請の作業を進めます。 細かい仕様などの相談をします。
着工前
お施主さまと工務店さんとの契約をサポートします。 工事契約を交わします。
工事現場の設計監理
工事が適正に行われるようにお施主様の視点に立って工事監理を行います。基礎工事中は必要に応じて配筋検査を行います。上棟後は週に一回は担当者が現場に行き、現場監督や職人さん達と打合せを重ねます。上棟すると、実際の空間がイメージしやすくなりますので、最終的な仕上げ方はお施主さまと現場でご相談してから決定します。 様々な職人さんが関わってお家を建てます。
竣工・お引き渡し
最終的な検査をして お引き渡しです。施主検査には、設計者として立ち会い、チェックポイントをアドバイスします。
お引き渡し後
住み方の相談にのったり、メンテナンスなどのアドバイスをいたします。ずっと仲良くおつき合い下さい。
一年検査などアフターケアをします。
※以上はあくまでも一般的な進め方です。お客さまのご希望やご都合に合わせて臨機応変に対応させて頂きます。
設計監理料の目安 その1(最低料金について)


  ・基本設計まで(申請含まず):30万円より

  ・基本設計、実施設計、現場監理まで:下記の料率に基づいて算定
設計監理料の目安 その2(設計料の計算方法について)
戸建て住宅を新築する際の設計監理料は工事費に応じて、以下の表を目安にご相談させていただきます(「建築家の業務及び報酬」より)。リフォームの場合や、住宅以外の建物の設計はまた料率がかわりますので、ご相談ください。
 工事費(円)
 設計監理料(円)
設計監理料比率(%)
1000万
1,316,000
13.16
2000万
2,414,000
12.07
3000万
3,441,000
11.47
4000万
4,428,000
11.07
5000万
5,380,000
10.76
6000万
6,312,000
10.52
7000万
7,224,000
10.32
8000万
8,120,000
10.15
9000万
9,000,000
10.00
1億
9,870,000
9.87
規模が小さい工事の方が設計監理料の割合が高くなっていますが、これは小さな建物でも大きな建物と同程度の仕事量となる業務が多いためです。
細かい内容についてはご相談ください。
その他、遠方の場合には別途交通費をいただく場合もあります。
消費税は別途となります。
※2009年、新しい設計料算定基準の告示が出ました(床面積を元に算定する方法)。しかし、この方法を検討したところ、これまでの計算方法より設計料がかなり高額になってしまうことがわかりました。あとりえでは今後も今まで通り「工事費に対する利率」を元に設計料を計算しようと考えております。(090317追記)
設計監理料お支払いのタイミング
設計監理料は以下の表を目安に、通常は4回に分けてのお支払いをお願いしております。お客さまのご都合に合わせて支払いのタイミング、回数や割合は調整可能です。
着手契約時
着手金として30〜50万円※金額はご相談によります。※着手金は設計料に含まれます。
本契約時
(設計監理料ー着手金)×1/3
着工時
(設計監理料ー着手金)×1/3
建物引き渡し時
設計監理料の残金 ※途中の計画変更などを反映させて、最終的な金額を計算します。
住宅を新築する際に掛かる費用
住宅を新築する際には、工事費・設計監理料のほかにも何かと費用がかかるものですよね。それぞれのお家ごとに異なりますが、主に以下のようなものがあります。
設計監理料
※確認申請料は別途となります。
工事費
付帯工事費



建築本体工事費
設計監理費
設備工事費
解体工事費(※立替え等の場合)
地盤改良工事費(※地盤調査結果による)
敷地測量・地盤調査費など
外構工事費
照明器具・カーテン・ブラインド・エアコンなど
その他






仮住まいの家賃
地鎮祭、上棟式など
近隣への挨拶
税金、登記手数料など
ガス・水道等引込料
家具制作・購入費用
引越費用